2017年4月21日

4月23日2017年の週報に掲載

 先日のこと、中学時代の悪仲間が教会を訪ねてくれました。なんと37年ぶりの再会です。彼の息子は日本を代表するプロサーファーで、彼自身もサーファー一家、ハワイにはよく来ているそうです。ひょんなことから私がハワイに住んでいることを知って訪ねてくれました。

 当時の仲間の近況を聞いて、昔話に花が咲きました。彼はいわゆる「頭」(番長)で、一番悪かった奴ですが、一本筋の通ったワルでした。今は6人の子供が与えられ、職人として仕事をして、サーフィンライフを楽しんでいます。
 いきなり中学生時代の光景が走馬灯のように思い浮かび、しばし感慨に浸りました。と同時に、これから自分がどう生きていくのか? と考えました。あの虚しさから救われ、ここまで神様に恵まれ生かされて来た自分を、今一度主に捧げました。

 この地上で、あと何回、何人に福音を語ることが出来るのだろうか? それも主の御手の中ですが、一回でも、一人でも多く、十字架の福音を語りたいと思わされています。

 今日の午後4時からオリベット教会でゴスペルコンサートです。また28日(金)29日(土)日本人宣教大会です。私は土曜日の9AMの集会でご奉仕します。是非参加してください。

関真士牧師

2017年4月14日

4月16日2017年の週報に掲載

主イエスの復活を喜びます!

 主は、死を打ち破り復活されました。仮死状態からの蘇生でもなく、臨死体験でもありません。主イエスは完全に死なれ、そして確かに復活されたのです。

 この復活が真実であるかどうかを一番知っているのは、それを書き記し、宣べ伝えた弟子たちです。

 イエスが捨てて逃げてしまった弟子たちが、偽りのために命をかけるなど有り得ないことです。彼らの宣教の原動力は、確かに主は復活されたという驚き、感動、喜びです。

 私たちの信仰は「空虚な墓」の上に立っています。イエスが十字架で死なれたという事実のゆえに「墓」があります。しかし、復活されたという事実のゆえに「墓は空」です。

 私たち自身の墓も「空っぽ」です。この地上の存在したことの記念として、また地上に残された者たちへの慰めと希望のために「墓」があります。しかし私たちは、その中にはいません。

 私たちも、主の日に、必ず復活します。そして、愛する主に出会い、愛する者たちに再会するのです。この希望は、主の復活という事実に支えられた信仰です。

 主の日を待ち望みつつ、前に向かって歩んでいきましょう。

関真士 牧師

2017年4月7日

4月9日2017年の週報に掲載

今週は、受難週です。14日(金)聖金曜日礼拝7PM。 16日(日)復活祭礼拝

             
●受難節の問い
 「イエスの十字架は、あなたにとって何ですか?」

●【今週の黙想】
 今週は、受難週です。いよいよ十字架の主に近づき、復活の喜びへと導かれていきましょう。
 ルカ福音書23章を、聴くように読みましょう。
 イメージしてみましょう。

 この23章の中で、あなたはどこにいますか?

 そこで、あなたは、何が聴こえますか?
          何が見えますか?
          何に触れますか?
 そこで、あなたは、どのように応えますか?

関真士牧師